ギャンブル依存症とは

診断名は「病的(びょうてき)賭博(とばく)」と呼びます。経済的・社会的・精神的な不都合(問題)が生ずるにもかかわらず、ギャンブル(パチンコ・スロット・競馬・競輪・競艇など)を止めることができない状態を言います。ギャンブルというプロセスにはまり、自分ではコントロールできない状態に陥り、消費者金融、サラ金、ヤミ金などからの借金、失職、家族不和、うつなどの弊害を伴うことが多くあります。

ギャンブル依存症には次のような特徴があります。

サラ金などから借金を繰り返しますので、ダイレクトメールや明細書・請求書などが多数出てきます。競馬は携帯電話で買えますので、携帯電話を手放さなくなったりします。ギャンブルの攻略本を読むようになり、朝からパチンコ店に出かけて開店前の列に並ぶようになります。

当院は通院専門のクリニックですので、家事、仕事を続けながらギャンブル依存症の治療に取り組めます。夜間診療も火・水・木にやっており、夜間のみでも治療ができます。また重症の場合は日中夜間を通した治療が必要になりますが、その際はクリニックの近くに当院のグループホーム(回復施設)がありますので、そこからの通院であれば安心・安全な治療環境を提供できます。また入院が必要な場合には専門病院と充分な連携があります。当院では患者様のご都合に合わせて治療方法を選択できるように、ギャンブル依存症の治療コースをご用意しております。主治医と相談してご自身に合った方法で治療を開始していただけます。

神奈川県からギャンブル依存症の「依存症専門医療機関」 として選定されました

依存症専門医療機関とは、依存症に係る所定の研修を修了した医師等が配置され、依存症に特化した専門プログラムを行うなど、依存症に関する専門的な医療を提供できる医療機関として、当院が神奈川県からギャンブル依存症の専門医療機関・依存症治療拠点機関に選定されました。

本人が来たがらない場合

まずは対応を相談するためにご家族が受診してください。ギャンブル依存症は家族とのコミュニケーション次第で問題行動は悪化も改善もします。本人との関係性が改善すれば治療に繋げる機会も増えるので今すぐご相談してください。