チーム大石クリニック

「誰でも」「どこでも」「いつでも」という日本医師会の誇る医療保険制度は、世界で最も優れた医療制度であると言われています。しかし、対人関係、就労、住まいと徐々に進行しながら様々な問題を起こしていく依存症に対してこの気持ちをつなごうとしますと、医療保険制度だけでは困難ではないかと考えました。介護保険制度、障害者総合支援法という新しい制度を利用しながら種々の組織を作り、それらの組織が相互補完することで対応しなければ満足な結果は生まれないでしょう。

そこで、依存症の治療のために我々が作った相互補完的組織のことを、「チーム大石クリニック」と名付けました。

1. 医療保険制度

2000年に世界保健機構(WHO)から総合点で世界一と評価された制度です。

依存症専門外来

2. 障害者総合支援法

精神・身体・知的障害者を支援するために、平成18年に作られた制度です。この制度に基づいて作られた多種類の支援があります。

3. 介護保険

在宅介護に必要な高齢者デイサービス事業所やヘルパーステーションを設立しています。

1. 医療保険制度

この制度は2000年に世界保健機構(WHO)から総合点で世界一と評価されました。

診療

大石クリニック

依存症に対して診断、投薬、精神療法、心理検査等を施行します。

主な薬物療法

①抗酒剤(ノックビン、シアナマイド)、②飲酒欲求低減薬、③抗男性ホルモン薬、④向精神薬
治療プログラム

ショートケア

大石クリニック

2~3時間で治療を行うシステムです。多くの精神療法がこのシステムで行います。

主な本人向けの精神療法

①個別精神療法、②集団精神療法、③集団認知行動療法、④内観療法、⑤条件反射制御法、⑥社会的技能訓練(SST)、⑦マインドフルネス認知症法、⑧読書療法

主な家族向けの精神療法

①家族教室、②クラフト

デイケア

大石クリニック

6時間程度で治療を行うシステムです。休職中の方、生活保護を受けている方がよく利用されます。日中時間が空いていると飲酒やギャンブル等の問題行動を行いやすくなります。このようなことを防ぐために、昼食も提供されていろいろな日中活動をします。

主なデイケアのプログラム

①農園作業、②公園清掃、③本読み、④映画鑑賞、⑤作業療法(塗り絵、間違い探し、手芸等)、⑥カラオケ、⑦映画鑑賞

精神科訪問看護

大石クリニック

看護師や精神保健福祉士がご家庭を訪問して、日常生活や療養のアドバイスを行っています。訪問看護で行う内容は多岐に渡りますが、利用者さま一人ひとりに必要な助言・援助・支援を行います。当院の患者さまで、ご本人が希望し主治医が必要と認めた方が利用できます。費用の自己負担分には自立支援医療が使えます。次のようなことでお困りの場合は、ご相談ください。

主なご相談内容

・身のまわりのことや、食生活がうまくできない
・夜眠れない、日中眠気がある、など生活リズムが整わない
・外来通院ができていない、薬が飲めていない
・部屋にひきこもりがちになっている
・患者さまご本人にご家族がどのように対応したらよいかわからない

2. 障害者総合支援法

精神・身体・知的障害者を支援するために、平成18年に作られた制度です。この制度に基づいて作られた様々な支援があります。
依存症専門外来

計画相談支援

大石自立介護相談室

障害者総合支援法に基づく支援方法には多くの種類があります。どれか1つだけでは援助に限界があるため、一般的には複数の支援方法を組み合わせて行います。計画相談支援はこれらの支援方法を計画・立案し調節する役で、これがないとそもそも障害者総合支援法は利用できません。障害者総合支援法というオーケストラの指揮者といったところでしょうか。

就労移行支援

わくわくワーク大石

依存症による問題から仕事に就けない人を就労に繋げるための支援です。具体的には、就労訓練、職場体験の場所の提供、職場の開拓、求職活動に関する支援等を行い、職場への定着を目指します。
わくわくワーク大石は「就職後6ヶ月以上定着した割合」において、厚生省による7段階の評価区分のうちの最上位の50%以上と優れた成績を残しています(令和3年)。

就労継続支援B型

わくわくワーク大石

就労移行支援を利用しても一般企業に就職できなかった人や、定年になって就労の機会を失った人に生産活動の場所の提供や、一般企業に就職する援助をします。わくわくワーク大石の「平均工賃月額」は厚生省による7段階の評価区分の上から2番目で(令和元年)、神奈川県では512施設の中で29番目の平均工賃額でした。また、平均工賃額が高いだけでなく、多くの利用者が一般企業に就労しています。

定着支援

わくわくワーク大石

精神障害を持つ方が一般就労に就いたとしても、その離職率は高いと言われています。様々な背景がありますが、依存症も同様です。これを防ぐために職場での対人関係トラブルなど、円滑な就労継続の障害となりうる状況や対象、出来事に対し、職場と本人の間に入って連絡調整を行っております。わくわくワーク大石の「3年後に職場に定着している率」は80~90%で厚生省の7段階の区分の内の上から2番目でした(令和2年)。
グループホーム

グループホーム(回復施設)

わくわくハウス大石

グループホーム(回復施設)とは、遠方にお住まいで依存症の治療をご希望の方や身寄りがおらず単身での生活に不安を抱えている方、あるいはご家族が様々な理由で本人の面倒を見ることができない場合に入る寮・寄宿舎をイメージするとわかりやすいでしょう。チーム大石では、国から共同生活支援の指定を受けたグループホーム(回復施設)を運営しています。さらに、管理人の配置は4:1以上と国の最高基準であり、365日夜勤の管理人を複数人配置する共同生活援助の中でも最も手厚い体制を敷いています。その上、共同生活援助だけではなく往診や訪問看護(大石クリニック)により定期的な訪問をしていますので、医療面においても非常に手厚い管理体制ができております。また、施設は集団生活の苦手な利用者のために全個室となっています。なお、横浜市の指定を受けているため入所時までに横浜市に住民票がある人の場合は、横浜市から家賃補助を受けることが可能であり、費用面の負担が軽減されます。

グループホームの種類

グループホーム(回復施設)にはいくつかのパターンがあります。
第1は、アパートやマンションの一室を貸してあとは患者さま同士で仲良くやるように、という民間賃貸のパターンです。費用は一般のアパートを借りる場合と同等ですが、管理人が夜間にいないと飲酒等のトラブルが発生しやすくなります。

第2は、民間賃貸パターンに独自の管理人を配置する方法です。しかし施設利用料を低く抑えますと管理が甘くなり、管理を十分にしようとすると費用が高くなるといった問題が起きてきます。

第3は、障害者支援法で共同生活援助と名付けられたグループホームの認定を受けて国や地方自治団体からの援助費用を運営費にあて、費用は安く管理もそれなりにする方法です。

第4は、第3のパターンにさらに訪問看護、訪問介護といった自社の他事業を活用して職員をグループホームに訪問させることで、これにより管理体制がさらに万全となります。

居宅介護

大石ヘルパーステーション

自宅等にてヘルパーが清掃、食事、料理等の指導をして障害者の自立を助ける支援です。業務の最中、ときにはアルコールや違法薬物を見かけることがあるかもしれません。大石ヘルパーステーションには依存症の患者さま自身にヘルパーの資格を取っていただき、その後雇用される職員も少なくないため、利用者の気持ちがよくわかります。さらに、上記のような状況でも動揺することなく対応できることが多く、喜ばれます。ちなみに、このようなヘルパーをピュアーヘルパーといい、厚生省も推薦しています。

3. 介護保険

20年前までの依存症界隈ではアルコール性痴呆のみが介護の対象と考えられていました。しかし日本の高齢化に伴い依存症の平均年齢も高齢化し、現在では介護サービスなしでは対応できなくなりました。このためにチーム大石クリニックでも在宅介護に必要な高齢者デイサービス事業所やヘルパーステーションを運営しています。またチーム大石クリニックではこのような施設を患者さんの就労訓練施設としても利用し、その中で患者さんがヘルパー資格を取得できるよう、就労支援にも繋げております。

居宅介護支援

大石自立介護相談室

介護を必要としている人が適切な生活支援を受けられるよう、各種介護サービスに関する手続きを代行します。ケアマネージャーが高齢者を支える地域の介護サービス事業者と密接な連絡を取ながら、一人一人の利用者さまとその家族に最適な治療計画を提案します。介護保険サービスというオーケストラの指揮者と考えたらいいと思います。

高齢者デイサービス

大石デイサービス

国から認定を受けた老人デイサービス(大石デイサービス寿、大石デイサービス)を2つ設立しました。一般の老人の方も利用されていますが、たとえばアルコール依存症の患者さまの場合は日中利用していただくと飲酒時間が減少しますので、家族の介護の負担も軽減されます。また、職業訓練においては、専任の有資格の指導員が未経験の患者さまの実務経験をサポートするだけでなく、ヘルパーの資格を取得するまで指導します。希望者はそのままこの施設に就労できますし、他の施設に紹介も可能です。

訪問介護

大石ヘルパーステーション

在宅のヘルパーステーションがあります。また、当院で就労訓練を受けて資格を取得した後、当院で治療を受けている患者さまを援助するヘルパーとして活躍するリカバリースタッフも少なくありません。

横浜市認知症初期集中支援事業

医療や介護に繋がっていない認知症の人やその疑いのある人の自宅を訪問し当院への受診に繋げたり、介護サービスの利用支援を行います。当院では平成30年に横浜市から依頼を受け、認知症初期集中支援チームとして相談にあたっています。

4. チームとしての利点

チーム大石クリニックはチームとして様々な種類の支援を行っており、他領域、他職種同士の連携が円滑であることが特色です。このように連携が良く一か所に相談すれば多くの問題が解決する支援を「ワンストップ」と言います。

onestop

1. 脱落する支援がないこと

多くの支援を利用しようとすると、医療のことはケースワーカーや医師に、障害者総合支援法のことは相談支援専門員を通して各々の支援をする事業所に、介護保険のことはケアマネージャーを通して各々の支援者に連絡を取る必要があります。厚生省の指導では、支援を開始したり方向性を見直すときに相談支援専門員、ケアマネージャー、医師や各々の支援をする事業所が一同に集まって計画を立てる、連絡調節会議を行って実行することとなっています。このようにすると確かに良い支援ができることは事実です。しかし実際は連絡会議の開催までに時間がかかるだけでなく、支援者間での日程調整が難しく会議に出席ができない支援者が多くなりますので、支援が途中で脱落しがちです。しかし、チーム大石クリニックの場合は毎朝のスタッフミーティングでこまめに共有しますし、それ以外のときでもお互いの部署には上下の階段を行き来するだけで行けます。それゆえ、支援が脱落することはほとんどありません。

all in one

2. 支援にスピード感があること

20年前に介護保険が開始された当初、連絡会議を行う際は関係機関が一堂に集まるよう厚生省から方針が示されました。「介護であれば病状は安定しているからそれ程頻回に連絡会議をする必要がないだろう」と考えたからです。しかし20年経った現在では、病状が安定して変化が少ないと思われる介護でもこのようなやり方は時間がかかるためにあまり人気が無いのが現実です。そして現在は1つの事業所で行った方が効率がいいと認識され、「多機能」という言葉が出現するようになりました。介護でも病状の変化が早い時期はあり、多くの事業所が一堂に集まるやり方ではスムーズに病状に対処することが困難です。介護モデルでもこのような現実ですので、さらに病状の変化の早い病気モデルでは「多機能型」「ワンストップ」でなければ病状の変化についていけず、現在では「多機能型」が適切と考えられるようになりました。

quality

3. 適切な援助が受けられること

1つのサービスしか持っていない事業所に患者さまの支援を任せますと、他のサービスも利用した方が良い支援ができる場合でも、自社の売り上げを守るために自社のサービスのみを知識のない利用者に勧める事業所が跡を絶ちません。このために厚生省は介護保険上の各サービスの利用比率を公表することを義務付けたり、このような事業所にペナルティをかけますが、事業所の利益に関することなのでなかなか改善されないのが現状です。この点、多数のサービスを持つ事業所はどのサービスを利用者が利用しても自社の売り上げになりますので、バランスのいいサービスを提供することが知られています。

onestop-image-2