ネット依存(ゲーム障害、スマホ依存症)とは

ゲーム依存症、ゲーム障害、スマホ依存症、ネット依存症、インターネット依存症、携帯依存症、インターネットゲーム障害などと呼ばれています。ネットにハマると実生活とネット世界との区別ができなくなり、ネットそのものを取り上げようとすると暴力で抵抗されたりします。現実世界と仮想世界がひっくり返ってしまうのです。

また思春期は親への反発がみられる時期で、親の指示には従いません。一方で友達とのつながりは強く求めるので、「LINEにはすぐに返信しないといけない」「既読となってるのに返信しないのは失礼だ」といった強迫観念が生じたり、既読になっているのに返信がこないことで不安を抱き何度もスマホをチェックするなど、精神的に不安定になりがちです。それゆえ携帯電話やスマホ、パソコンを手放せない生活に陥ります。22時以降携帯をさわらない、食事中は返信しないなどのルールを決めたことを実行できれば問題ないですが、精神的に未成熟な未成年が問題を認識して自分で解決することはかなり難しいのが現状です。

大人でも依存症という状態になると一人で止めるのは困難です。「問題とわかっているから止めたいのに止められない」という状態になります。また、結婚や出産で環境が変わり話し相手欲しさからSNSにハマってしまう主婦や、一人暮らしによるさびしさから始めた出会い系サイトがやめられなくなる方もいます。一言でネット依存といっても、人間関係の依存や不特定多数との性行為を求める性嗜好障害(強迫的性行動症)の問題がある方など、人それぞれ背景に存在する問題も異なります。

当院は通院専門のクリニックですので、家事や仕事を続けながらネット依存の治療に取り組めます。また重症の場合は日中夜間を通した治療が必要になります。その際は、クリニックの近くに当院附属のグループホーム(回復施設)がありますので、そこからの通院であれば安心・安全な治療環境を提供できます。ぜひ、他の仲間と一緒にネット依存の治療をしていきませんか。当院では患者様のご都合に合わせて治療方法を選択できるように、治療コースをご用意しております。主治医と相談してご自身に合った方法で治療を開始していただけます。外来通院での治療ですが、入院が必要な場合には専門病院と充分な連携があります。夜間診療も火・水・木にやっており、夜間のみでも治療ができます。また悩みを抱えるご家族への家族相談には特に力を入れています。

本人が来たがらない場合

まずは対応を相談するためにご家族が受診してください。ネット依存は家族とのコミュニケーション次第で問題行動は悪化も改善もします。本人との関係性が改善すれば治療に繋げる機会も増えるので今すぐご相談してください。