依存症に特化した国内でも有数のクリニックです

当院は平成3年にクリニックを開院し、現在まで依存症を専門に診療を行って30年になりました。年間の新患数が2000人近くなり、依存症治療においては国内でも有数の医療機関ではないかと思っています。

以下の表のように、神奈川県内で診療を行っている大学病院、国立・県立病院などの他の大規模な医療機関と比較しても、同等かそれ以上の新患数を抱えています。他の医療機関では多様な精神疾患を対象としているのに対し、当院の対象はそのほとんどが依存症であることから、大石クリニックがいかに依存症に特化した大規模な医療機関であるかわかります。

当院の新患数

0
(2021年)
0
(2020年)
0
(2019年)

大学病院の精神科新患数(神奈川県)

北里大学病院 精神神経科

0
(2018年度)

昭和大学病院 精神神経科

0
(2017年度)

横浜市大 市民総合医療センター 精神医療センター

0
(2018年度)

聖マリアンナ医科大学 附属病院

0
(2018年度)

東海大学 医学部付属病院

0
(2018年度)

国公立病院の精神科新患数(神奈川県)

神奈川県立精神医療センター

0
(2018年度)

独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター

0
(2018年度)

横浜市立市民病院

0
(2018年度)

厚生労働省より専門指定医療機関として認定

厚生労働省ではアルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症の3種類で困っている人に対し適切な相談、治療が提供できるよう、依存症専門指定医療機関を選定しております。当院は2018年より上記3つの依存症全てにおいて、依存症専門指定医療機関として認定されました。(専門として認定されていますが他の精神疾患も診療可能です)

神奈川県警よりストーカー加害者の 治療等指定医として認定

神奈川県警ではストーカー被害者に対し相談業務を行っておりますが、一方で加害者に対しては法的な処分だけでなく再犯防止を目的にした治療の必要性についても提案しておられます。当院は平成28年より、県警からストーカー加害者の精神医学的治療等指定医としての委嘱を受けました。
神奈川県警から精神医学的治療等指定医
神奈川新聞の記事にて、当院がストーカー加害者治療について神奈川県警の委託を受けたことが記載されています。
委嘱状
神奈川県警よりストーカー加害者の「精神医学的治療等指定医」に認定されました

医療観察法指定通院医療機関として認定

医療観察法制度では、心神喪失又は心神耗弱の状態で重大な他害行為を行い、不起訴処分や無罪等が確定した人に対し、適切な医療を提供することで当事者の社会復帰が円滑に進むよう支援します。当院は平成25年に通院医療機関として指定を受け、以降複数の触法患者の通院治療を行っております。

教職員メンタルヘルスの 委託クリニックとして認定

依存症は誰でもなりうる病気であり、それは児童生徒を指導する立場である学校の教師においても同様です。立場上相談しにくい教職員のために当院では2019年に公立学校共済組合埼玉支部より教職員メンタルヘルスのための相談業務の委託を受けました。本人やその周囲の方々が安心して精神的に健康な生活を送れるよう、メンタルヘルスの検診、治療に務めます。

性犯罪受刑者等に対する生活環境の調整の充実強化に係る協力依頼が可能な医療機関先として、法務省保護局の取組に協力

法務省保護局では矯正施設収容中の性犯罪者のうち、釈放後、医療機関等による治療や支援等が必要と認められる者について、矯正施設収容中から医療機関等による治療等につなげ、再犯防止を図る取組を行っております。当院では令和2年よりこの取組に協力し、更生保護官署からの依頼を受けて、対象者との面接等を行っております。

横浜市認知症初期集中支援事業を行うクリニックとして認定

横浜市では、認知症になってもその人の意思が尊重されてできるだけ住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、各区に1か所の医療機関を指定し、認知症の早期発見・早期治療に取り組んでいます。当院は平成30年に横浜市より中区の医療機関として指定され、チームを設置しサービス利用の助言や自宅訪問など認知症の状態に応じた支援を行っています。

取材や講演会のご依頼

昨今は多くの人がメディアを通じて依存症というキーワードを目にしています。当院にも多方から取材の依頼をいただきます。このような形で認知度が高まっていけば、治療を必要としている状態にも関わらずその機会を得られなかった方が病院に繋がるきっかけとなるでしょう。当院の患者数が毎年増え続けているのはそのためと思われます。今後も、当院では社会に対して依存症を適切に理解してもらうための活動や、受診後の患者さまに対して効果的な治療パッケージを提供できるよう努力してまいります。