「あなたはストーカーです」と被害者や警察から言われ、否定する方もいるでしょう。しかし、いかに自分がストーカー行為ではないと思っていても、受け手側がそう捉えればそれまでなのです。これ以上関係性を続けたくないという受け手の意思表示です。これを無視してなおアプローチを続けてしまえば、加害者と被害者という関係性になってしまいます。とはいえ、納得のいかない気持ちをずっと持ったまま生活を続けるのはとても苦しいはずです。

被害者への怒りや恨みはときには落ち込み、絶望、悲しみ、さびしさとなって大きな感情の波となります。これに飲み込まれてしまうと、再びストーカー行為や不適切な対処行動(飲酒、暴言暴力、自傷など)をしてしまい、結果的に今よりも悪い状況に陥ります。被害者の心を繋ぎとめようと躍起になっても、その労力と時間に見合った結果は返ってきません。どんなに加害者の相手を支配したいという思いや執着心が強くても、他人の思考や行動は変えることができないのです。

しかし、自分を変えることはできます。自分の気持ちを楽にするには、他者を変えようとするのではなく、まず自分を変えることです。支配欲と執着心を手放し、新たな生き方を構築しましょう。

依存症の克服
当院ではストーカー加害者用の専門治療として、診察の他に以下のプログラムを行っております。

加害者向け集団精神療法(ミラボー橋)

毎週 水曜日 19:00~20:30
毎週 木曜日 19:00~20:30
ストーカー加害者とDVの方が参加しているプログラムです。多い日には15名近くの患者さまがいらっしゃいます。使っているテキストは3種類です。

① 認知行動療法の考え方に基づいて作られているもの

カリフォルニアで行われているストーカー加害者治療プログラムのテキストを使用。
問題の否認、他責、思い込みなど自分の思考の歪みについて振り返る、感情をうまくコントロールする方法を考える、再犯防止のための対処行動を検討するといった内容。修了まで6ヵ月を要す。

② 選択理論の考え方に基づいて作られているもの

他者との間に適切な境界線を作り維持するための考え方、今後の新たな対人関係を良好にするためのコミュニケーションスキルを学ぶ。修了まで4ヵ月を要す。

③ ACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー)に基づいて作られているもの

思考や感情に振り回されることなく自分自身の価値を大切にした生活を築くための具体的なスキルを学ぶ。修了まで6ヵ月程度を要す。
同じ境遇の方が参加されているので共感できることがたくさんあります。一方で、他の人の話を聞くことで新しい考え方や価値観を知ることもできます。ぜひご参加ください。

神奈川県警察よりストーカー加害者の「精神医学的治療等指定医」に認定されました

当院は、神奈川県警察よりストーカー加害者の「精神医学的治療等指定医」として委嘱を受けた専門のクリニックです。

本人が来たがらない場合

まずは対応を相談するためにご家族が受診してください。ストーカーは家族とのコミュニケーション次第で問題行動は悪化も改善もします。本人との関係性が改善すれば治療に繋げる機会も増えるので今すぐご相談してください。