女性の強迫的性行動症(性依存症・ホスト狂い)とは

国際的な疾病に対する統計基準であるICD-11では、強迫的性行動症という病名が追加されました。一般的に性依存症と称される行動がこれに該当します。近年様々な芸能人やスポーツ選手で話題になりましたが、繰り返す浮気や不倫、お金を借金するほどの風俗通い、生活に支障が出るほどのマスターベーションなど、やめたいのに性的行動のコントロールが効かなくなる状態のことを言います。

上記は特に男性の強迫的性行動症(性依存症・セックス依存症)の方にみられる行動ですが、女性でも同様です。パートナーがいるにも関わらず、出会い系サイトで性行為の相手を探したり、パートナーがいなくても毎晩異なる相手と性的な関係を持ったりします。ただ楽しんで満たされている間はいいのですが、これが繰り返されるうちにだんだんと苦痛や虚しさ、寂しさを感じるようになるかもしれません。しかし気が付いた時にはもう自分の意思ではやめられず、時間の無駄だとわかっているのに相手を探し続けたり、後から後悔すると思うのに性行為をしてしまったり…

また、必ずしも性行為を伴うとは限りません。特に女性の場合は、以下のような恋愛依存やホスト依存といった形で問題が生じることもあります。

恋愛依存症

恋愛依存症

他にも、『男性依存』『恋人依存』『彼氏依存』など呼ばれます。

  • 常に彼氏がいる状態じゃないと落ち着かない
  • 一人の人に限らず、自分を好いてくれる人であれば何人いても良い
  • 彼氏に必要とされる存在でありたいため、時間やお金を費やして彼氏との関係性を続けようとする
  • 仕事や家族、友人との約束よりも彼氏との予定を優先する
  • 常に彼氏の行動を把握するために逐一SNSをチェックする
  • 別れを切り出されるとどんな手を使ってでも(懇願、脅し、金銭的援助など)関係を修復しようとする
  • 別れた後も忘れられず何度も連絡を取ったり会ったりする

など、恋愛が生活の中心であり、他の重要なことを蔑ろにすることで社会的、経済的、対人的な問題が生じる状態をいいます。中には別れた後にストーカー行為を繰り返しトラブルに発展するケースもあります。

「別れた方がいいとわかっているのに別れられない」「自分の感情に振り回されるのがつらい」「このままではもっと問題が大きくなってしまう」など、今の状態から抜け出したい、依存をやめたいと思っている方はご相談ください。

ホスト依存症(ホスト狂い)

他にも、『ホストクラブ依存』『ホス狂』『ガチ恋』など呼ばれます。

  • ホストクラブに通い始めてから、通う頻度や使うお金がどんどん増えている
  • バイト代や給料だけでは支払いが回らず、家族やカード会社、消費者金融からお金を借りるようになった
  • 担当ホストの売り上げに貢献するため、稼ぎやすい仕事に転職した
  • ホストクラブでは自分が大事にしてもらっている、愛されていると感じる
  • 自分が売り上げに貢献していると思うと誇らしい気持ちになる、優越感がある
  • ホストクラブで過ごす時間が一番の幸せであり、何よりも優先している
  • 担当ホストをナンバーワンにできるのは私しかいない
  • 担当ホストの彼女でいるためには売り上げに貢献しないといけない
  • お金を使わなかったら担当ホストから嫌われてしまう、自分の価値が無くなってしまうと感じる

など、初めは非日常的な空間を楽しむだけのホスト通いだったにもかかわらず、だんだんと担当ホストにとって特別な存在でいるためにお金や時間を費やすようになります。中には自分自身も煌びやかに見せるために高い装飾品にお金を使うことが増え、結果的に買い物依存症に繋がっていくケース、担当ホストと親しくなりたいがゆえにストーカー行為を行うケースもあります。「その場では気持ちが大きくなって大金を使うものの、家に帰ってくると虚しくなって後悔する」「このままでは自分の人生が破滅する」など、今の状態から抜け出したい、ホスト依存をやめたいと思っている方はご相談ください。

また、現在はこういった対象となるのはホストだけではありません。女性アイドル、男性アイドル、地下アイドル、YouTuberなど、自分が金銭的な応援をすればするほど自分の存在を認識してもらえます。グッズを買うだけにとどまらず、その人に近づくこと、特別になることを望み行動し始めると上記のような状態になります。

治療について

本来であれば問題が悪化する前に対策を立て、予防することが一番です。しかし恋愛や娯楽としてのホストクラブは世の中で普通に受け入れられているものであり、それ自体悪ではありません。とはいえ、上記のことが繰り返され長期化すると、脳内で他の依存症と同様のことが起こります。そうなると、もはや恋愛依存もホスト依存も意思の問題ではありません。過去の成功体験や得られた快感を脳が覚えてしまうのです。この病気を克服するためには、依存の対象となるパートナーやホストクラブから離れた生活を習慣化させる必要があります。

当院では女性向けの集団精神療法・カウンセリングを行っており、自宅から通院しながら治療を進めることができます。一方で、SNSが使える環境や会おうとすればいつでも会えてしまう環境自体を避けるのであれば、グループホームに入所することも一つの方法です。また、夜の仕事に就き昼夜逆転の生活になっている方もいるため、当院の就労支援を利用して昼間の仕事に就くことも可能です。

依存症専門外来

家族相談

依存症は、自ら治療の必要性を認識し治療を受けることが難しい病気です。問題が大きくなってから初めて家族が知ることもよくあります。例えば、娘に対し「最近夜遊びが多いなぁ」と思っていたらその半年後に300万の借金があることがわかり、何に使ったのか問い質して、初めてホストクラブに通っていたことが判明するケース。それでもなお家族に返済を求め、娘自身はまだホストクラブに通い続けようとすることがあります。

家族としては一刻も早く娘を夜の街から引き離したい一心ですが、娘自身がホスト通いをやめたいと思わない限り止めることはできません。一方で、娘が自身の問題と向き合うために家族がサポートできることもあります。当院では家族相談を行っています。ときに問題に直面させようとする家族の関わりは、かえって娘の問題行動に拍車をかけることもあり、お互い感情的に傷つけあったり無視をしたりと関係悪化に繋がることもあります。困ったことがあったときに相談してもらえるように、まずは関係改善のための取り組みから始めましょう。

家族相談は遠回りに思えるかもしれませんが、ご家族が今できる最善の行動です。

本人が来たがらない場合

まずは対応を相談するためにご家族が受診してください。恋愛依存・ホスト依存は家族とのコミュニケーション次第で問題行動は悪化も改善もします。本人との関係性が改善すれば治療に繋げる機会も増えるので今すぐご相談してください。