診療案内
大石クリニック

依存症を専門とするクリニックです専門病院との連携も十分です

依存症を専門とするクリニックです。入院でなく外来診療なのでご自分のペースで治療が続けられます。会社に通いながら、家事をしながら、通常の生活を乱すことなく依存症の治療ができます。

外来通院での治療ですが、入院が必要な場合には専門病院と充分な連携があります。阪東橋駅前の交通至便の地にあり、仕事帰りにも通えるよう夜間診療も火木にやっており、夜間のみでも治療ができます。また悩みを抱えるご家族への家族相談には特に力を入れています。

社会復帰まで一貫してサポートしますリワーク復職支援・就労支援を行っています

途中で失敗してもあきらめないで下さい。何度でも付きあいます。ひとりで悩まないでください。社会復帰できるまで一貫してサポートします。精神的治療のみにとどまらず、社会的にも良好な状態を取り戻し働き先を見つけ自活の道を探り社会復帰を目指します。

万が一、リワークで復職に失敗して失職して無職からのスタートになっても、就労支援専門の施設「わくわくワーク大石」と連携して、職業訓練から求職サポート・就職まで個別に就労支援のサポートいたします。離脱症状を取るだけでなく、ただ薬を出すだけでなく、社会に戻れる、会社に戻れる、自分が社会の一員であるという誇りを取り戻すまでトータルなケアを行います。

診療時間

午前
9:30~11:00
午後
13:00~16:00
夜間
17:00~19:00※火・木のみ
休診日
日曜・祝日
受付時間
9:30 ~ 11:00
13:00 ~ 16:00
17:00 ~ 19:00
職員募集
  • お知らせ お知らせ
  • メディア・学会 メディア・学会
  • 研修 研修
  • 表彰状 表彰状

ホームページがリニューアルしました

新たにネット依存、窃盗癖クレプトマニアのページができました。

また「あおいくまの掲示板」は「回復の軌跡」へと変更になりました。(2014/3/3)

アルコール依存症の新薬『アルコール依存症 断酒補助剤 レグテクト』が登場しました。

詳しくはこちらのPDF(1.55MB)をご覧ください。

2012年10月5日発売 読売新聞社発行の「病院の実力」に掲載されました。

2011年に新規で外来受診、あるいは入院した患者数の都道府県別に多い順に掲載。当院もP66~P67に神奈川県内で有数の施設として上位掲載されました。

TBSテレビから「ギャンブル依存症」で取材を受けました。

テレビ朝日から「脱法ハーブ」で取材を受けました。

2011年2月7日神奈川新聞 性犯罪被害者防止「GPSより早期治療」として取材を受けました。

「GPSの携帯よりも、早期の治療を」と訴えているのは、横浜市中区弥生町にある「大石クリニック」の大石雅之院長(56)。「常習性がある痴漢行為や盗撮などのわいせつ行為は、性依存症という病気の可能性がある」と指摘している。同クリニックで2008~10年に受診した77人のうち、再発が判明したのは6人。「この数字を高いと見るか低いと見るか。ゼロにはならないが、無駄とも言えない。再犯率を下げている可能性は高い」。集団での認知行動療法によって、女性に対する誤った考え方を訂正したり、犯罪を起こしやすい行動パターンを認識して改めたりするほか、患者同士のグループディスカッションなども行っている。

週刊朝日増刊号 新「名医」の最新治療 P86に掲載されました。

心・精神の病気 セックス・ギャンブル・買い物依存症のページ(P86)にて当院が紹介されました。院長のコメントも掲載されています。

外部講演

現在準備中です、暫くお待ちください